So-net無料ブログ作成
緑内障 ブログトップ

緑内障・2012年3月編 [緑内障]

 本日は目の病気の一種,緑内障について。
 2011年9月16日付けの記事でもお伝えしましたが,【みなと】は半年ほど前に眼科で検査を受け,右目に緑内障の症状が出ていることが判明いたしました。
 その後は進行を抑えるため,処方された点眼薬を必ず1日1回,入浴前に両目に1滴ずつ入れます (正直に申しますと,月に1,2回は忘れることもあります[あせあせ(飛び散る汗)])。一度に2本出してくれますので,約2か月半持ちます。そして,薬が無くなる直前に再受診します。
 ちなみにこれ,「毛はえ薬」にもなるようです。  処方薬の目的外使用は禁止です,念のため。
DSC03156.JPG


 さて先日,視野検査を受けましたところ,かかりつけのドクターから「右目の症状は悪化していないようです。左目は引き続き大丈夫です」との診断をいただき,一安心。しかし「これで油断せず,目薬は必ず毎日注してくださいね」と念を押されました。
 2月にも受診しておりましたので,冷蔵庫には現在4本の点眼薬が。これだけあれば,5か月くらいは大丈夫そう。

 実は,緑内障と言われてから『白内障・緑内障が小食でよくなる』(山口康三・著)という本を購入しました。
DSC06970.JPGDSC06971.JPGDSC06974.JPGDSC06975.JPGDSC06972.JPGDSC06973.JPG
 これによりますと,緑内障の人は必ずと言っていいほど夜更かしで,ストレスをため込みやすく,肩こり症,便秘もちだそう。
 【みなと】はお通じは良い方ですが[たらーっ(汗)] 子供の頃から肩がこっていました。また,すぐに頭に血が上ります[ちっ(怒った顔)] そして,ブログを始めてからは睡眠時間がかなり減っていたのです。
 そこで,生活習慣の改善に取り組みました。 
 ここ半年くらい,だいたいは10時台に寝るようにしています。また,肩の痛みを和らげるため,湿布を貼ったり,入浴時はマッサージを実施したり。ストレス解消法は,「いい人のふりをしない=好き嫌いをはっきり表現する」ですかね。
 この本では食事についても書かれていて,「油っこいものや甘いものをやめ,小食に」となっています。これらをすべて口にしない[exclamation]ことは実行できませんが,量を減らすよう努力しております。
 さらに通勤等により,毎日合計1時間は歩いています。

 これらの効果が表れたかどうかはわかりませんが,半年前よりはかなり視野が広がったように感じます。ドクターは以前「一度失った視力は戻らない」とおっしゃっていましたが,本の著書である山口先生によると「血行を良くして,視野が回復するケースもある」とのこと。
 今後はドクターの指示に従い点眼を続け,あわせて生活習慣の見直しも進めていき,さらに良く見えるようになるよう頑張ります[ぴかぴか(新しい)]

 緑内障は急性の場合,激しい目の痛みを感じた後(結膜炎のような症状になる),ものが見えにくくなったり,太陽光線をまぶしく感じたりするそうです。慢性だと痛みを感じないまま,見えにくさが進行してしまうらしいですが。
 この記事をお読みの方で自覚症状をお持ちの方がいらっしゃいましたら,迷わず眼科受診なさるようお願いいたします。

 なお,視野検査は半年ごとに受けるよう言われておりますので,次回の結果も今年9月ごろにアップ予定です。

  緑内障(ウィキペディア)  
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E5%86%85%E9%9A%9C 
タグ:緑内障
コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice!&トラックバック欄を閉じることにしました [緑内障]

 皆様,本日もご訪問くださりありがとうございます[かわいい]

 さて,前回の記事で,「緑内障の疑いがあるので精密検査を行う」旨をお知らせしましたが,昨日,やはり緑内障であることが判明いたしました。残念ながら,右目の一部に症状が出ているとのこと[もうやだ~(悲しい顔)]
 ここで,「緑内障とは何ぞや?」とおっしゃる方もおいでだと思いますので,ウィキペディアから一部引用し説明いたします。

 網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常(視野欠損)を呈する。基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。

 日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である。

 かつては眼の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていたが、眼圧が正常範囲であっても緑内障に罹患している患者が多いことが確認され、視神経乳頭の脆弱性が緑内 障の原因として考えられている。しかし眼圧は緑内障進行の最大の危険因子であり、緑内障治療の基本は眼圧を下げることで視野障害の進行を停めるという方法をとる。眼圧を30 %低下させることにより正常眼圧緑内障において80 %の患者において視野障害の進行が停止したという報告もある。


 ここまで読んで,かなりショックを受けた方も多いかもしれませんね[どんっ(衝撃)] しかし【みなと】,現段階では左目には異常がないためでしょうか,あまりピンとこない状態です。症状のないほうの目が自然に視力をカバーしているらしいので。

 ドクターは「現在の緑内障患者の7割は,眼圧が低いまま悪化してしまうケース」とおっしゃっていて,【みなと】もこれに当てはまります。
 ただ思い返すと,会社の車を運転していて,左折する時にほんの一瞬景色が見えなくなり,「あれ?」と思ったことがあったのです。そのことをドクターに話しましたら「そうやって自覚することが大事なんです」とのこと。

 今はとても良い目薬があるので,適切に治療すれば症状を抑えることができるそうです。ただ,「一生使わなくてはいけません」ですって[ふらふら] もし90歳まで生きられれば,あと50年近く毎日点眼…う~ん[あせあせ(飛び散る汗)]
DSC03156.JPG

 それにこの薬の副作用は,何と「毛はえ薬」…眼球以外の場所にこぼしてそのままにしていると,目の周りが産毛で真っ黒におおわれるそう[ひらめき]なので,顔を洗う前か入浴前に点眼するように言われました[わーい(嬉しい顔)]
DSC03157.JPGDSC03159.JPG
 ドクターからは「残念ながら失われた視力は戻りません」と宣言されてしましたが,マクロビオティックの本などを読むと,症状をある程度回復させる可能性もあるようですので,独自に研究していきます。
 現段階では,水分の過剰摂取も原因かなと考えています。1日に5,6リットルは飲んでいますからね[たらーっ(汗)]これからは,熱中症にならない程度に補給します[ぴかぴか(新しい)]
 
 
 まあ,このような事情ですので,しばらくはパソコンとのにらめっこも程々にすることにします。皆様のブログへも今までのように頻繁にはお邪魔できないことから,nice!&トラックバック欄を閉じることにしました。
 今までnice!を押してくださった方に,深く深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました[るんるん]

 こちらのブログは今後も続けて参ります。緑内障のこと以外にも,引き続き茨城県笠間市近辺のスポットや地震雲,猫,撮り鉄子などをアップしていきます。
 コメント欄は承認制とし,原則として表示しないこととします(表示して欲しい方はその旨おっしゃってくださいね[わーい(嬉しい顔)]
 皆様のところにも時々は出没いたしますので,何とぞよろしくお願い申し上げます。

  緑内障(ウィキペディア)  
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E5%86%85%E9%9A%9C    
タグ:緑内障
コメント(0) 
共通テーマ:健康
緑内障 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。