So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたへ@ポレポレホール [茨城県笠間市・プレイスポット]

 笠間ショッピングセンターポレポレシティ2階にあるポレポレホールでは,本日(2012年8月25日)から『あなたへ』が上映されています。【みなと】も初日に鑑賞して参りました。
 監督は降旗康男(『鉄道員(ぽっぽや)』『赤いシリーズ』など)。主演は高倉健,他に田中裕子ビートたけし草彅剛佐藤浩市余貴美子綾瀬はるかなどが出演。
DSC07676.JPGDSC07677.JPG
 富山刑務所の木工技術指導技官(嘱託)である倉島英二(高倉さん)は,妻・洋子(田中さん)を病気で亡くしたばかり。
 忌引き中にもかかわらず出勤した彼に,あるNPO団体から,洋子の遺言(絵手紙)が届けられます。1通はその場で開封できたものの,もう1通は長崎県平戸市にある郵便局留めで差し出されるため,10日以内にそこまで取りにいかなくてはなりません。そして最初の絵手紙には“故郷の海で散骨して欲しい”旨がしたためられていました。
 生前には聞かされなかった妻の願いに戸惑いながらも,結局倉島は退職覚悟で平戸への旅を決心します(退職願はいったん戻されますが・・・)。洋子と約束したとおり,ワンボックスカーの内部を木工インテリアで改造して出発。
 目的地までの行程では,亡き妻との想い出に浸るとともに,様々な人たちに出会います。元は埼玉県の高校教師で,退職後に妻を亡くした,種田山頭火を敬愛する男(たけしさん)。北海道から駅弁の実演販売のためやってきたものの,車が故障したため,大阪まで倉島が送ることになる田宮(草彅さん)。田宮の部下で,どこか陰のある南原(佐藤さん)。
 そして倉島は,ぎりぎり10日目に平戸に到着。もう1通の手紙を受け取った彼は,悩みながらも散骨のための船をチャーターしようと奔走。大型台風が近づく港で,食堂を経営する母娘(余さん,綾瀬さん)と出会います…。

 高倉健というと,【みなと】の中では『南極物語』[犬]のイメージが強烈(もう30年以上前ですね[たらーっ(汗)])。実を言いますと,上映開始間もなくの刑務所内を歩くシーンでは「健さん,お歳を召されたな」と感じました。
 しかし,話が進むにつれ,健さんの静かな熱演に引き込まれていきます。特に妻の回想にふける場面と,現実に戻る場面との対比が印象的。洋子を見つめる夫としての視線は限りなく愛情深く,その妻がもう存在しないという深い悲しみを,セリフではなく立ち姿で表現していらっしゃいます[ぴかぴか(新しい)]
 田中さんも,演技ばかりでなく歌声でも魅了させてくれます[るんるん] 
 そしてビートたけしさん。後半のストーリーは意外な展開となりますが,どんな役柄でも観客を笑わせてしまうのはさすがですね[わーい(嬉しい顔)]
 どんでん返しは他にもありまして,出演者のディープな生き方にそれぞれ考えさせられます。詳しくは見てのお楽しみ,です。

 こちらの『あなたへ』,皆様にも機会がありましたら是非ご覧いただきたいです。
 いつもはすいているポレポレホールですが,【みなと】が鑑賞した時間帯は30人ほどの観客がいました。そして,席を立つときに「いい話だったわね」とおっしゃってました[揺れるハート]

 ホールは2箇所あり,現在は『おおかみこどもの雨と雪』も上映されています。
 入場料は大人1700円ですが,レディースデー(月曜日)やメンズデー(水曜日)は1000円になります。また,60歳以上の方は,証明書を提示すれば1000円でOK。ポレポレカードイオンカードを提示すれば,300円割引もしてくれます。その他にも割引があります。

  ポレポレホール
    住所:茨城県笠間市赤坂8番地 笠間ショッピングセンター ポレポレシティ2階  
    電話:0296-70-1750    
    スケジュール:http://www9.ocn.ne.jp/~polepole/
    割引サービス:http://www9.ocn.ne.jp/~polepole/sabisu.html
   『あなたへ』公式サイト http://www.anatae.jp/

コメント(0) 
共通テーマ:地域

乾燥いも2種@ファーマーズマーケット なだろう [茨城県鉾田市・ショッピング]

 今年の6月中旬,茨城県鉾田市まで出張した際,帰り道沿いにあったファーマーズマーケット なだろうへ立ち寄りました。
 こちらはJAの直売所です。
DSC07455.jpg

DSC07456.JPGDSC07457.JPG
 この時期はメロンがたくさん売られていました。鉾田市やその周辺は,全国でも有数のメロンの産地なのです。
 しかし【みなと】は,この時すでに通信販売北海道夕張メロンを頼んでしまっていたので,残念ですが購入しませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
 そのかわり,乾燥いもがたくさん売られていましたので,そちらを買うことに決めました。種類はあんのう黄金紅はるか。どちらも550円です。
DSC07462.JPG

 この日はエコバッグを持ってきていなかったので,レジ袋も購入。こちらは3円。
DSC07461.JPG

 帰宅後に賞味いたしましたが,どちらも甘くてねっとりしていて,おいしかったです[かわいい] 機会がありましたら,また買うことにしました。
 
   ファーマーズマーケット なだろう(JAかしまなだ)
     住所:〒311-1521 茨城県鉾田市飯名537-1
     電話:0291−34−8888
     FAX:0291−34−8889
      http://nadarou.com/index.html
  

タグ:直売所 JA
コメント(0) 
共通テーマ:地域

椿セット@そば処 大村庵 [茨城県鉾田市・グルメ]

 今から2か月ほど前ですが,茨城県鉾田市まで出張しましたので,国道51号線沿いにあるそば処 大村庵(おおむらあん)へ連れて行っていただきました。
DSC07453.JPGDSC07454.JPG
 メニューを見て椿セット(1,300円)を注文。こちらはカツ煮がついています。
 本当は,うな丼が一緒の松セットを頼みたかったのですが,同行の方々に「“時価”だから幾らになるかわからないよ~」と脅かされてしまって・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC07438.JPG
 
DSC07439.JPGDSC07440.JPGDSC07441.JPGDSC07442.JPGDSC07443.JPGDSC07444.JPG

 約20分後,出てきたのがこちら。そばは白色。
DSC07446.JPG

DSC07452.JPGDSC07447.JPG
 そばつゆ入れの下部がおちょこになっていました。
DSC07448.JPG

DSC07449.JPGDSC07451.JPG
 他の方々が頼んでいた藤セット(1,300円)も[カメラ] こちらはカレー丼がついていました。
DSC07450.JPG

 そばは上品なお味[ぴかぴか(新しい)] お腹いっぱいになりました。ごちそう様でした[かわいい]

   そば処 大村庵(おおむらあん)
     住所:〒311-1513 茨城県鉾田市大竹747-3
     電話:0291-32-4081
  

タグ:定食 そば
コメント(0) 
共通テーマ:地域

ふしぎ!たのしい!ゲンダイトーゲイ  親子でめぐるやきもの図鑑@茨城県陶芸美術館 [茨城県笠間市・文化スポット]

 [晴れ]暑中お見舞い申し上げます[晴れ] 【みなと】は連日の酷暑と睡眠不足のせいでヒーヒー言いながらも,何とか頑張っております[あせあせ(飛び散る汗)]

 さて本日は,茨城県笠間市にある茨城県陶芸美術館の記事になります。
 現在開催中の企画展は『ふしぎ!たのしい!ゲンダイトーゲイ  親子でめぐるやきもの図鑑』です。
   http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/exhibition/h24_fushigi/index.html
DSC07666.JPGDSC07667.JPG
 この展示会の趣旨は,難しいと思われがちな現代陶芸の世界を,親子で楽しく図鑑のように読み解く「ゲンダイトーゲイ」の入門編とのこと。子供にも分かるように構成されているのであれば,【みなと】にも理解できるかな[exclamation&question] などと考えつつ出かけてみました。

 会場内は,「動物?」「ひと?」「植物?」など6つのテーマに分けられています。陶磁器というより金属や革製品に見えるもの,本物の動物に見える作品やデフォルメされたもの,など様々。子供たちが喜びそうな,カラフルな作品も数多く並んでいました。

 では,印象的だったものを3点ほど。
 中村牧子『ティーカッププードル』。タイトルどおり,非常に大きなティーカップの中に,模様入りのプードルが入っています[かわいい]
 また,トビー・ブオナグリオ『日本の夢時間シリーズ:ロボットと可愛い彼女』は,ガンダムみたいなロボットが半裸のセクシーギャルを抱きかかえているもの[あせあせ(飛び散る汗)] そして,彼女が身にまとった布には「日本」の漢字が・・・お子さんにはちょっと刺激的[exclamation&question] 
 
 そして,十二代 三輪休雪『小鳥の死んだ朝』。女性を思わせるオブジェの肩に力尽きた小鳥。何とも切ない気分になりました[もうやだ~(悲しい顔)] この作品は,上記のホームページでも確認できます。 

 その他,里中英人(さとなか ひでと)の特別展示もあります。里中氏は生前笠間にアトリエを構えていて,その設計は伊東豊雄が行っております。詳しいことは,2012年4月23日付けの記事でご確認ください。

 本日ご紹介のふしぎ!たのしい!ゲンダイトーゲイ  親子で巡るやきもの図鑑展は,2012年9月23日(日)まで開催されております。子供さん達は色や形を楽しめるでしょうし,ちょっと難しい内容の場合は,ご両親が解説してあげると,尊敬度がアップするかもしれませんね[ぴかぴか(新しい)]

 なお,館内の他のフロアでは,板谷波山,松井康成の他,地元笠間を中心とした陶芸家の作品が展示されております。あわせてこちらもどうぞ。

 茨城県陶芸美術館
  住所:茨城県笠間市笠間2345
  http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/index.html
  電車でのアクセス
   JR友部駅よりかさま観光周遊バスで約15分「工芸の丘 陶芸美術館」下車(100円) 
     http://www.city.kasama.lg.jp/index.php?code=356
   JR笠間駅より茨城交通バスで約8分「芸術の森」下車(160円)
     http://bus.ibako.co.jp/timetable/result/?no=962&de=52&f_from_type=1&f_from_genre=&f_from=%E7%AC%A0%E9%96%93%E9%A7%85
  車でのアクセス:北関東自動車道 友部インターから10分/笠間西インターから15分 
            常磐自動車道 岩間インターから25分/水戸インターから30分 
   *駐車場あり

コメント(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。